江戸川区の敷地を有効活用した新築一戸建て

東京都江戸川区は、東京23区の東端部にあり、千葉県と隣接しているエリアであり、都心部への通勤に便利な場所となっており、人口は60万人を超えています。
都心部へ通勤している人もかなり多く、ニーズがあるため新築一戸建て住宅もコンスタントに供給されています。


江戸川区の新築一戸建て住宅を探している場合、地元の不動産業者などから情報を集めることができ、供給数も多いのでニーズに応じた物件を紹介してもらうことができるでしょう。
小中学校や図書館などが近い子供がいる家庭に喜ばれる新築一戸建て住宅なども紹介してもらうことができます。

江戸川区の新築一戸建ての情報が必要なタイミングで手に入ります。

住宅がすでに建ち並んでるエリアが多く、一戸建て住宅用地があまり広くない新築一戸建てが江戸川区には多く、3階建て住宅などの物件も多くなっています。



また、1階部分がビルドインガレージとなっている物件もあり、自動車を所有している人も敷地を有効に使って駐車をすることができます。

地価が高いこともあり、敷地面積が広すぎる物件の場合、販売価格が高くなってしまうので、敷地面積を有効に活用している3階建てのほうが、比較的リーズナブルな価格で見つけることができるでしょう。

選択するエリアによっては江戸川区内でも分譲宅地の一画にある新築一戸建て住宅も見つけることができ、住環境が良い開発エリアの物件も見つけることができます。


南部エリアでは葛西臨海公園や水族園などもあり、休日に家族で過ごすことができる施設も充実しています。